新社屋・外構完成です

新社屋が稼働して一月余りが過ぎました。
「スタンプ台はどこに仕舞ったのー?」「どこかで1/80の三角スケールを見なかったー?」、そんな言葉も随分と減ってきた、本社事務所からこんにちは。
 

新社屋の外構工事も終わり、漸く外観の写真をアップできるようになりました。
もちろん私が個人的に楽しみにしていた花壇もできました。

その環境には少々問題もありますが。
花壇が建物の北側にあるため、冬季の日当たりの悪さは抜群、しかも夏季になると西日が強く射すという、植物にとってはありがたくない環境に置かれる植物……さて、何を植えたらよいのでしょうか?
花壇の手入れにお金も時間もかけられないので、できれば植えっぱなしで大丈夫な宿根草かこぼれ種で増える一年草、しかも花が可愛らしいものが希望です。
 

現在はパンジーとビオラ、あとは球根で増える水仙、ムスカリ、スノードロップ(ロシアの童話『森は生きている』で物語の発端になる待雪草はこの花です)を植えています。
土を整える暇もなく、何でもいいからと急かされて植えたパンジーとビオラは、ジャック課長のための花冠です。

花壇の完成が遅くて植え付け時期を逃したため、その他の花は、先日カインズで芽出し球根を手に入れてきたのですが、それらは一つの鉢に植え付けて、鉢ごと花壇に埋めました。
球根を太らせるために花が終わった後も葉を残しますが、横から見た目が悪いから早く切れと言われると困ってしまうので、ちょっと手間は掛かるけれど、翌年のために鉢ごと抜き替えて増やすつもりです。

様子を見ながら、徐々に花壇を花でいっぱいにしたいと意気込んでいるのですが、もし植物に詳しい方がいらっしゃったら、「こんな花を植えたら良いんじゃない?」なんてアドバイスをいただけると嬉しいです。
 

それでは今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)