2018年

2018年初の更新です。
こんにちは。

昨秋チューリップの球根を植えた素焼き鉢を、事務所の花壇脇に置いておきました。
ピンク色の八重咲の花が咲くアンジェリケと、やはりピンク色の花で香りが良いと言われているサンネという品種が一鉢ずつ。
単純に自分の好きな品種を選んで購入してきただけなのですが、どちらもチューリップの中では遅咲きに分類され、見た目の相性も良いためか、ネットで調べるとこの2品種をセットにして売られていることも多いみたいですね。
写真は今朝ほど撮ったものですが、年末年始休暇の間には既に小さな芽が顔を覗かせていましたよ。

また盆明けから葉を伸ばしていたムスカリの下には、水仙だかスノードロップだかはっきりしないのですが、そちらも小さく芽吹きはじめています。
こちらは去年球根を掘り上げなかったので、きっと今頃は鉢の中はギュウギュウでしょうね。
さすがに今年は掘り上げて、新たに鉢を増やせたらいいな~、なんて思っています。
チューリップも、水仙たちも、春にはそれぞれに可愛い花を咲かせてくれるでしょうか。
今から春を思ってワクワクしています。

それでは皆様、どうぞ本年もやまとリファインをよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)